アセンションする人としない人の違い

トップページ > アセンションとは > アセンションする人としない人の違い

アセンションする人の特徴

1:浄化が進んだ人

ネガティブな感情や思考など、自分らしく生きていく上で不要な負の要素をある程度手放している人はアセンションに向かう下準備ができていると言えます。アセンションの為の食事をご紹介しているページでも説明していますが、アセンションを望むのであれば血肉となる食事にも気を遣わなければなりません。

2:中立な視点を持つ人

高次元の世界では、差別や優劣は存在しません。固定概念からなる判断・判別、自己中心的な好き嫌いの価値観で、人や物事をジャッジすることがないのです。自己が持つ善悪の基準もまた同様です。正しい、誤りといった判断も根本的には個人特有の感覚からなるもの。偏りがないニュートラルな視点を持っている人は、高次元の世界に住む順応性があるためアセンションする人だと言えるでしょう。

アセンションしない人の特徴

1:変わりたくない人

現状維持を望み、変わることを拒む人はアセンションしない人です。アセンションとは三次元から五次元へと波動を上昇させる、つまり変化することなので当然と言えば当然ですよね。
個々に起きるアセンションはあくまでも自己責任によって起こります。個人の意志が大前提で尊重されるので、アセンションしない人の望みもそのまま叶うことになるのです。

2:誰かや何かのせいにする人

親が悪い、環境が悪い、政治が悪い、世界が悪い…こんな風に、あらゆることの原因や責任を自分以外の何かに押し付ける人はアセンションしない人と言えます。前述したように、アセンションにおいても自己責任は非常に重要なことです。自分自身の非を認めようとせず、常に他人のせいにする人は波動を高めることは難しいでしょう。