アセンションとは

トップページ > アセンションとは

アセンションとは

アセンションとは何か?あまり聞きなれない人もいると思います。アセンションとは、ざっくり言い換えると『次元上昇』になります。これは言葉の通り、私たちが住んでいる世界の次元が上昇という形で変化することです。

私たちが今現在生きている地球の次元が三次元であることは周知の事実ですよね。三次元とは立体の世界、上下と左右と前後…言い換えるなら、高さと幅と奥行きが存在する世界のことです。この世にあるすべてのものは立体であり、それ故にこの世界は三次元であると言えるでしょう。

ひとつ次元を下降すると二次元になります。こちらは漫画やアニメの世界を表し、平面の世界だと言えるでしょう。そこからさらに下降した一次元は線だけの世界となり、零次元は点だけの世界。立体の世界である三次元を基盤に考えると、ひとつ次元が下がる度にひとつずつ要素がなくなっていくことが分かります。

逆に考えると、次元が上昇するということは要素がひとつずつ増えていくということ。四次元の場合、上下と左右と前後の他にもうひとつの方向が加わる、または三次元空間に時間軸が加わると言われています。

このようにして次元を上昇させていき、四次元より更に上の次元である五次元の世界へと進み、到達することがスピリチュアルの視点から見るアセンションであるとされているのです。

四次元への上昇は既に済んでいる?

ところで『四次元空間』と『四次元時空』は別物であるということはご存知でしょうか。上記で言うところの"上下左右前後+もうひとつの方向"が『四次元空間』であり、"三次元空間+時間軸"が『四次元時空』です。つまり、私たちが生きている世界は『四次元時空』であると言えるでしょう。

一般相対性理論やミンコフスキー時空など、現代物理学の基本的な部分で「私たちが今存在している時空は"空間三次元と時間一次元"の四次元である」として定義されているのも事実なのです。

そう思うと、三次元から四次元への移行は実は既に完遂しているとも言えるのではないでしょうか。低次元の空間からは高次元の空間を理解することはできないため『四次元空間』に関してはピンとこないのも当然だとも言えますが、時間が存在していることに対する気付きによって導き出された『四次元時空』の概要については、大まかにとは言えすんなり納得できるものですよね。

アセンションとは、ある種の気付きによって起こるもの。『四次元時空』という理論が気付きから導き出されたことを思うと、五次元への移行となるアセンションも個々の気付きによって、どんどん進んでいくのだと言えるのかもしれません。

個人の意識は十人十色

当サイトのトップページで前述しているように、アセンションとは「地球規模のアセンション」と「個人規模のアセンション」とに大きく分けることができます。上記の物理学的な理論でも示されている次元の上昇に関しては、主に地球規模のアセンションについての話だと言えるでしょう。

私たち人間は頭で理解することはできても、実際に体験するまでは、多かれ少なかれ懐疑的になる部分があります。百聞は一見に如かず、とも言いますが、自分自身が実際に経験したものでなければ信じ切ることは中々できないものだったりするのです。その傾向は、理系の人や現実主義者の間でこそ顕著に見られます。

しかし『四次元時空』が現代物理学で定義されている事を考えれば「体験できるものだけが存在する」「目に見えないものは存在しない」といった振り分け方は随分乱暴であると言えるのではないでしょうか。もちろん価値観も思想も主義も個人個人で異なるものなので、それはそれで決して間違いではありません。ただ、「アセンションとは」と考えた時に「ありえない」と即座に切り捨ててしまうのはもったいないと思いませんか?